技術資料・ホワイトペーパー
Top / 技術資料・ホワイトペーパー / 適切な「RPO」(目標復旧時点)と、「RTO」(目標復旧時間)とは

適切な「RPO」(目標復旧時点)と、「RTO」(目標復旧時間)とは

「点の災害」「線の災害」「面の災害」。DR は3 つの視点で考える。

 重要なデータをどこまで、復旧させるか。最新データを捨てる選択、復旧する選択、災害復旧で最も重要な視点とは。

 デジタル化が普及した全ての企業にとって、DR(ディザスタリカバリ、災害復旧)は事業を続けるためには避けて通れない。日本は地震が多く、日頃から災害対策を考えねばならず、今後、発生が予想される南海トラフ地震や富士山噴火などにも備える必要がある。

 事業の生命線であるITシステムをいかに迅速に復旧するかは、会社にとっては最大重要事項である。しかし、一辺倒の対策案を用意しても実際は意味がない。災害には様々な規模や種類があり、それぞれに対応した柔軟で複雑な対応を求められる。「どの時点までのデータを復元するか」のRPO(目標復旧時点)と、「どのぐらいの時間をかけて復元するか」のRTO(目標復旧時間)も、明確に意識する必要がある。あらゆる最新データを瞬時に復旧することなど、ほとんど不可能だからだ。

 本資料では、災害規模を「点」「線」「面」に分け、それぞれの視点で必要なDR対策を解説する。さらに、「どの時点までのデータを復元するか」のRPO(目標復旧時点)と、「どのぐらいの時間をかけて復元するか」のRTO(目標復旧時間)を説明し、具体的で実践的なDR対策を説明する。

形式:PDF(7P:1.1MB)

 

このホワイトペーパーをダウンロードするには、必要事項をご入力の上、「確認画面へ」ボタンをクリックしてください。

法人名・団体名
部署名
氏名(漢字)*
氏名(カナ)*
E-mailアドレス *
電話番号*
個人情報の取り扱い*
お知らせ*

個人情報についてはこちらをご確認ください。

 

Private Cloud
Network
Other