エンタープライズ
ストレージサービス

高速なNVMe SSDから容量単価を抑えたHDDまで。
用途に合わせた最適なエンタープライズ向けストレージ。

堅牢で高速なストレージ体験

3-Tier型プライベートクラウドを支えるストレージに相応しいのは、
超高帯域・高IOを処理できるNVMe SSDストレージ。

バックアップ用に相応しいのは、容量単価が安い大容量HDDストレージ。

利用用途に応じて選ぶことができる「専有型」エンタープライズストレージで、ストレージリソースを文字通り『専有』することができます。

テラクラウドのエンタープライズストレージは、「関東」「中部」「関西」「九州」の4つのリージョンから選択でき、お客様拠点やニーズにあわせた設置が可能です。

創業から長年培ってきたストレージ制御技術に加え、当社のコンシューマ向けストレージサービス「TeraCLOUD」の技術をフィードバックすることで、堅牢で高速なストレージ体験を実現しています。

エンタープライズストレージサービス

 

ストレージモデル

Enterprise NVMe SSD搭載モデル

高帯域・高IOの高いパフォーマンスを惜しみなく発揮することで、多数の仮想マシンの集約が可能。

最新の高耐久・高帯域・高IOのNVMe SSDを利用しながら、Oracle Solaris ZFSの堅牢性を組み合わせたモデルです。

ご利用可能サービス
  • Solaris SPARC プライベートクラウド
  • VMwareプライベートクラウド
  • ハイレスポンスプライベートクラウド(※)
  • ※ハイレスポンスプライベートクラウドは、ローカルNVMe SSDのシングル/ミラー利用となります

Enterprise SATA SSD搭載モデル

帯域・IOのバランスがよく、コストパフォーマンスも優れたストレージ。

高耐久のSSDを利用しながらも、コンシューマ用途は異なる高性能を実現。Oracle Solaris ZFSの堅牢性を組み合わせたモデルです。

ご利用可能サービス
  • Solaris SPARC プライベートクラウド(受付終了)
  • VMwareプライベートクラウド(受付終了)
  • ハイレスポンスプライベートクラウド(※)
  • ※ハイレスポンスプライベートクラウドは、ローカルNVMe SSDのシングル/ミラー利用となります

Enterprise HDD搭載モデル

Near LineのEnterprise HDDを利用。従来ながらのハードウェアRAID6に加え、Oracle Solaris ZFS RAID-Z3による冗長性の高いモデルも実現。

TeraCLOUDのノウハウを投入することで、ストレージの堅牢性と効率性、安定性を実現。データアーカイブに向いた、バックアップ専用用途のストレージサービスです。

ご利用可能サービス

NFS/SMBでのアクセスでのネットワーク接続となります。

  • Solaris SPARCプライベートクラウド
  • VMwareプライベートクラウド
  • ハイレスポンスプライベートクラウド

サービスタイプ

エンタープライズSSDストレージ

堅牢で超高速なストレージシステムは、3 Tier型のプライベートクラウドのストレージバックエンドを支えています。

  • Solaris プライベートクラウドと、VMwareプライベートクラウドの、3 Tier型のクラウドシステムに最適化したアーキテクチャ
  • Micron のデータセンター用NVMe SSDであるProシリーズを採用することで、非常に高いパフォーマンスを発揮し、多数の仮想マシンの集約が可能になっています。
  • Oracle Solaris ZFSの堅牢なストレージ管理機能を用い、ストレージレイヤースナップショットや、エンドツーエンドのチェックサム機構を保持。データ化けの検知や修正が可能です。
  • ストレージインターコネクトは25Gx2系統のマルチパスIOのための超高帯域ネットワーク!

エンタープライズSSDストレージ for Solarisの独自機能

Solaris SPARC プライベートクラウド用に最適化された最強のストレージ

Active-ActiveのHA構成
  • Consistency(一貫性)を最重要課題として考えられたモデル。
  • 同一のストレージサーバーを2系統1組で構成。 同期型で2つのストレージサーバーに対し書き込み。
  • 万一、片系に障害が発生しても、残った片系でサービスの継続が可能です。障害復旧後は、ZFSのResilverにより再び同期状態へ復帰します。
マルチレイヤでの冗長化
  • NVMe SSD内部での冗長、RAID Z2/Z3による冗長、ストレージシステムによる冗長と、複数レイヤーでの冗長化により、データロスリスクを可能な限り低減しています。
オプションでストレージレイヤーの遠隔地レプリケーションも可能
  • 当社別リージョンのデータセンターに設置することで、遠隔地へストレージ層でのレプリケーションが可能です。

※超高速のNVMeを利用しながらも、書いたデータは消えないという一貫性を重視しているため、レスポンス速度は他のサービスに若干劣ります。

正常時、データは定期的に他のストレージへレプリケーションされます。

プライマリストレージにアクセスできない場合、 セカンダリストレージに切り替え、ブートします。

エンタープライズSSDストレージ for VMwareの独自機能

VMware プライベートクラウド用に最適化されたストレージ

Active-StandbyのAsync型同期モデル
  • 同一のストレージサーバーを2系統1組で構成。2つのストレージサーバーは協調動作し、決められたRPOで定期的にレプリケーションが行われています。
  • 万一、主系が完全に失われるレベルの大規模インシデントが発生しても、 データ容量に依存しない最短のRTO(待機系のリマウントとVMの登録のみ)でシステム の復旧が可能です。
VMwareに依存しない、ストレージ層レプリケーション
  • レプリケーションはVMwareとはあえて協調せず、自動的にRPOに応じて定期的に動作。
  • レプリケーション先のイメージは、リードオンリーマウントされたSR(ストレージリソース)として常に見ることが可能。
  • 1時間前、2時間前、数日前など、仮想マシン単位でコピーして利用することが可能。
  • ランサムウェアなどを初めとする、仮想マシンの論理的な破損にも耐えることができます。
  • あえてVMwareと協調動作しないことで、ソフトウェアスタック由来の問題を回避します。
マルチレイヤでの冗長化
  • NVMe SSD内部での冗長、RAID Z2/Z3による冗長、ストレージレプリケーションによる非同期ミラーと、複数レイヤーでの冗長化により、データロスリスクを低減し ています。
オプションでストレージレイヤーの遠隔地レプリケーションも可能
  • 当社別リージョンのデータセンターに設置することで、遠隔地へストレージ層でのレプリケーションが可能です。
  • 別リージョンデータセンターは、VMware プライベートクラウドの別VDCとして見ることができ、ユーザーは異拠点レプリケーション先のイメージを常にリードオン リーマウントで見ることが可能です。
  • 異拠点にハイパバイザとストレージがある場合、そのストレージへデータをコピーして復元、あるいは主系のデータセンターレベル障害が起きたとき、データ容量 に依存しない最短のRTO(待機系のリマウントとVMの登録のみ)でシステムの復旧が可能です。

※超高速のNVMeを利用しながらも、書いたデータは消えないという一貫性を重視しているため、レスポンス速度は他のサービスに若干劣ります。

正常時、データは2台のストレージに同時に書き込みます。

片方のストレージにアクセスできない場合でも、 もう一方のストレージでシステムを稼働します。

ハイレスポンスクラウド用増設用SSDストレージとバックアップストレージ

ハイレスポンスクラウド用増設用SSDストレージとバックアップストレージの機能

ホストサーバに直接、インターコネクト接続された、Enterprise SATA SSD、Enterprise NVMe SSDは、 ハイレスポンスクラウドの「ハイレスポンスさ」を体現しています。

ハイパバイザの動作するホストサーバーに直接、インターコネクト接続
  • SSDへ低レイテンシーでアクセス。ボトルネックを最小限にしています。
  • シングル/ミラー構成を選択可能。
  • 障害ポイントが少ないメリットも!
バックアップストレージによる定期的な仮想マシン単位のレプリケーション
  • 機能により、ホスト障害と同時に起きるストレージ障害時に、データの救出を行います。

※低レイテンシーで高レスポンス。障害ポイントの少なさが特徴ですが、ホストマシン障害時には一括で収容マシンのロストが発生しうるデメリットがあります。これを補うため、HDDへの定期的な仮想マシンレベルのバックアップが動作し、復元を容易にしています。データロスの危険度よりも、速度を優先する代わりに、バックアップを行うという考え方の設計となります。

正常時、データは仮想マシン単位でバックアップされます。

サーバーがダウンした場合、 他のサーバーへ仮想マシンをコピーし、ブートします。

HDD共有バックアップストレージ

HDD共有バックアップストレージの機能

免震データセンターに設置! HDDで構成されたシンプルな大容量低価格のデータバックアップに最適化されたストレージサーバ。

ZFSによる高い信頼性のストレージ
  • ダブルパリティ(RAID6)モデル
    • データ信頼性はRAIDZ3より劣りますが、RAIDZ3より読み込み速度が速いです
  • トリプルパリティ(RAIDZ3)モデル
    • エンドツーエンドのチェックサム。読み込み速度が遅いですが、データ保持が高くデータ信頼性に優れます。
Solaris Zonesによるサービスで、プロセスの隔離、ネットワークの領域の隔離を実現
  • ストレージの暗号化にも対応可能です。
ご契約中のVLAN内に、直接接続可能
  • TCクラウドコネクト接続をご契約により、お客様の社内のネットワークに直接接続も可能です。
NFSv3、v4、v4.1/SMBv2(samba)、rsync(+scp)に対応
  • TCクラウドコネクト接続をご契約により、お客様の社内のネットワークに直接接続も可能です。

※標準仕様では、3時間に1度を23世代、1日に1度を7世代が保存されています。
※本サービスは、当社データセンター選定基準を満たすだけでなく、免震のデータセンターに設置されています。そのため、現時点では中部リージョンのみのサービスとなります。  (耐震データセンターはHDDの設置に相応しくないと考えられる為です。)
※出荷状態では、論理破損に備えた自動ZFSスナップショットが設定されています。
※標準仕様では、3時間に1度を23世代、1日に1度を7世代が保存されています。

制限事項
  • 本システムは共有ストレージです。
  • IOPSの制限はなく、IO劣化に関しては保証はありません。協調してご利用ください。
  • バックアップに最適化されたストレージなので、速度はSSDストレージに比べて劣ります。
  • 本ストレージ上で仮想マシンなど直接可動や、多数のクライアントからの直接接続はご遠慮ください。
  • HAではないシングル系であるため、3ヶ月に1度程度のメンテナンスが発生します。
  • ストレージシステムの再起動後のクライアント再マウント処理は、お客様で行ってください。
  • NFS利用時は、ハードマウントをせず、ソフトマウントを行ってください。
  • 本システム自体のバックアップは存在しません。
  • RAIDZ3モデルの場合は、4台の同時ディスク破損でデータロストが発生します。
  • RAID6モデルの場合は、3台の同時ディスク破損でデータロストが発生します。
  • ZFSスナップショットはデータセットとの差分で容量を消費します。また、利用容量にはZFSスナップショットの容量も含みます。
  • イメージバックアップ等でファイルを更新していく場合、差分が大きいことでZFSスナップショットの消費容量が大きくなります。
  • 自動ZFSスナップショットの無効化・世代数の変更をご希望の場合はご連絡いただければ対応可能です。

料金表

エンタープライズSSDストレージ for Solaris

可用性のため、2台のストレージを利用する価格になります。

Dedicatedストレージ

 モデル 容量最低利用期間
1年
最低利用期間
2年
 NVMe SSD 7.68TB x2 (mirror)約6.5TB693,000円/月473,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x4 (RAID-Z2)約13TB803,000円/月561,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x6 (RAID-Z2) 約27TB935,000円/月605,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x8 (RAID-Z2)約40TB1,078,000円/月682,000円/月

Guaranteed and Shared ストレージ

 容量月額
約10GB2,750円/月
約100GB22,000円/月
 約500GB49,500円/月

※表示価格は全て税込です。

エンタープライズSSDストレージ for VMware

Dedicatedストレージ

 モデル 容量最低利用期間
1年
最低利用期間
2年
 NVMe SSD 7.68TB x2 (mirror)約6.5TB693,000円/月473,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x4 (RAID-Z2)約13TB803,000円/月561,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x6 (RAID-Z2) 約27TB935,000円/月605,000円/月
 NVMe SSD 7.68TB x8 (RAID-Z2)約40TB1,078,000円/月  682,000円/月

Guaranteed and Shared ストレージ

 容量月額
約10GB2,750円/月
約100GB22,000円/月
 約500GB49,500円/月

※表示価格は全て税込です。


バックアップストレージ

 容量 月額
10TB88,000円/月
5TB55,000円/月

※表示価格は全て税込です。

注意事項
  • 表示価格は全て税込です。また初期費用が別途(月額の2.5ヶ月分)必要です。
  • 最低利用期間経過後は1ヶ月単位のご利用となります。
  • バックアップストレージの容量追加は、上記容量(10TB、5TB)単位で可能です。
  • 中部リージョンのみのサービスとなります(当社規定における免震基準を満たすデータセンターのみサービス可能となるため)。
  • バックアップストレージサービスは、およそ4ヶ月に1度単位のメンテナンスが実施されます。メンテナンス中はサービスが一時的にご利用いただけなくなる場合がございます。
  • 最低利用期間が2年および3年契約の場合、当社による審査をさせていただきます。審査結果により1年契約(自動更新)とさせていただく場合がございます。

Private CloudPrivate Cloud
NetworkNetwork
OtherOther