事業紹介

テラクラウド株式会社は、2001年の創業以来培ってきた「クラウドインフラテクノロジー」「ネットワークインフラテクノロジー」「クラウドソフトウェアテクノロジー」をボーダーレスかつ柔軟に組み合わせることで、お客様に包括的で効果的なソリューションをご提案いたします。

 

事業案内

 

クラウドインフラ事業

クラウドインフラ事業

2002年より開始、「クラウド」という言葉が今ほど一般的になる前の2003年にはサーバーの仮想化によるサービスを開始しました。常に様々な先進技術を取り入れ、お客様に安心・快適にご利用いただけるよう進化を続けています。

現在、CPUアーキテクチャにはIntel Xeon・Oracle SPARCの2種類をを選択可能。アーキテクチャにとらわれない、様々なプライベートクラウド環境を構築可能です。

ストレージシステムでは、お客様の大切なデータを守りつつ快適にご利用いただくため、当社独自設計のエンタープライズストレージシステムを構築しています。

  • エンタープライズSSD採用による高IOPS
  • ダブルパリティRAID構成のストレージを2系統のシャシーでミラーリング
  • お客様の必要とする容量にお応え可能
  • 他拠点DCへの非同期コピーによるバックアップ(※オプション)
 

データセンターについて

当社独自の厳しい選定基準を満たしたデータセンターを、冗長化された高速回線で接続し、統合化。複数のデータセンターを統合化することで、エンタープライズ向けのBCP(Business Continuity Plan)/DR(Disaster Recovery)を簡単に考えることができ、また、用途と目的に合わせ、リージョンを選定することも可能となっています。

サービス一例

 

ネットワークインフラ事業

fabric.png

広帯域・低遅延・高信頼性により、多数のデータセンター拠点をひとつのクラウドリソースとして扱うことが可能、柔軟かつ応用性の高いシステムを分散的に配置することができます。

DR(Disaster Recoverey)拠点を作る際にも大きな効果を発揮し、様々なインフラストラクチャを様々な拠点で有機的に接続して稼働することが可能です。

また、オフィス - データセンター間も、インターネットを利用せずに低遅延で広帯域なネットワークを構築可能。オンプレミスとクラウドを真に統合した、柔軟で応用性の高いインフラストラクチャを提供します。

更には、AWS、Azureなどのパブリッククラウドとの接続点もクラウドファブリック内に持つことにより、パブリッククラウドとプライベートクラウド間の高品質なネットワークを構築可能。

オンプレミス+プライベートクラウド+プライベートクラウドといった真のハイブリッドクラウドをクラウド環境からネットワークまで一貫して提供します。

 

サービス一例

  • IPトランジットサービス
  • データセンター用インターネット接続サービス
  • パブリッククラウドとのプライベート接続サービス
  • リージョン間接続サービス
  • オフィス-DC間接続サービス等

 

コンシューマーサービス

「クラウドインフラテクノロジー」「ネットワークインフラテクノロジー」「クラウドソフトウェアテクノロジー」を活かし、当社独自のサービスの開発・提供をしています。

オンラインストレージサービス「TeraCLOUD」は、当社のもつテクノロジーを惜しみなく投入しています。日々増え続ける写真や動画などの大切なデータのバックアップ用ストレージとして多数のお客様にご利用いただいております。